作務衣side

このブログは2017年5月20日更新停止

お盆で家を空ける前に防犯を少し見直しませんか?

もうすぐお盆ですね。
来週は実家や田舎に帰る人も多いと思います。
長期に家を空ける前に「防犯」少し見直しませんか?

日本は外国に比べれば安全な国です。
それでも空き巣は結構あり、
「うち、貧乏だから盗るもの無いよ」
というのは間違いです。

空き巣はあなたの家にお金がありそうとかよりも、
「侵入し易いか?」が一番の問題です。
SECOMしてる家なんかは真っ先に対象外になります。
でもお高いし、賃貸では難しい。

玄関の鍵の交換は数万円からしますが、
もっと簡単に安いところからでも見直しはできます。

f:id:samueside:20150802141123j:plain
特に見直しておきたいのは「窓」
ぶっちゃけ私でも数分有れば物音をほとんど発てずに、
窓から侵入するのは簡単です。
※もちろんやったことはありませんよ。

写真のタイプなら、ロック部分が取り外せるので、
その近くの部分の窓を破壊しても、回すのが手間です。
別の工具等が必要になり、 侵入する難易度は全く違い、
防犯性は上がります。
もちろんロック部分は窓から見えない位置に置きましょう。


Amazonやホームセンターでもこういったアイテムは色々あります。
私の使っている物の様に、
「鍵」を外せる様なタイプが簡単かつ効果が高い様に思います。

ウインドロック モンター上枠用 シルバー 1043

ウインドロック モンター上枠用 シルバー 1043


予算とかが許されるなら玄関もしておきたいですが、
簡単かつ効果が意外とあるのが、サムターンガード。

ノムラテック カギ付サムターンガード N-2074

ノムラテック カギ付サムターンガード N-2074

こんなのとかですね。
郵便用の穴とかから棒を使って、
鍵のロック部分を回すのを防ぐ為のものです。
これだと玄関の鍵の防犯性が高くても、
ロック部分は守られてないことが多いので、
テクニックを持った空き巣にも効果があります。

こういった防犯関係のものは考えだすとキリがありません。
しかし全くしていないのも非常に危険です。
再度言いますが、
泥棒や空き巣は「侵入し易い」家を狙います。

普段からこういった物で、
窓の防犯に気をつけているだけでも、
危険性は下がり、防犯性が上がります。

お盆で長期に家を空ける前に、
「窓」だけでも少し見直し
してみませんか?



この記事を読んでくれたあなたに幸運を!

広告を非表示にする