作務衣side

このブログは2017年5月20日更新停止

ホテルの様な部屋での生活は本当に理想的?

ここ最近、月に1度はホテルに泊まってます。
事情があってそうせざる得ずにしているのですが、
そこで思ったことが有ります。


ミニマリスト的な生活の理想の1つとして、
ホテルの部屋の様にする。
というのがありますが、本当にそうなんでしょうか?

ホテルのデメリット


食事

ホテルに宿泊する度に、意外と悩むのが食事。
外で食べるのはラクですが、お金がかかるし、
ホテルでは自分の食べたい物を作れません。
近くに食べたいレストラン等が無いとか意外とあります。

換気

エアコンが効いているのはいいですが、
窓に網戸はついてないとこがほとんどなので、
換気しにくいのもちょっとイヤな時があります。
特に禁煙室に空きがない時にやむなく喫煙室に宿泊し、
部屋の中にタバコの臭いが残ってるのは気分良くないです。

ネット

インターネットも少し不便です。
最近はPC設置されてたり、無料Wi-fiがありますが、
正直セキュリティ系があれ?と思うことが多いし、
ブックマークや普段いくサイトは自分のスマホの方がラクです。

収納スペースが無い

旅行に使われることが前提なので当然なのですが、
持って行った物を一時的に置く場所、
買った物を整理するのに不便に感じた事無いですか?
持ち物を最小限にすれば、これは解決しやすいですが、
「不便」に感じることが意外とあるのも事実です。

洗濯

ホテルのコインランドリーはあっても数が少なく、
一杯だったり、洗濯機の中、汚くない?なんてこともあります。
もちろん近くにコインランドリーが無い事もザラです。



自宅をホテルの様にすると・・・

ホテルのデメリット部分で述べた部分が、
ほとんど「自宅」では発生しません。
でもホテルの様に物が少ない状態で、
本当に生活しやすいですか?

住んでいる地域によっては、雪かきの道具や、
買い物できるところが遠くて、
買い溜めをしておかないと生活できないとこもあります。
そんな生活をしている人達に、
ホテルの様な暮らしは無理でしょう。

物が少ないと掃除等はラクで、
物の管理もしやすいですが、
正直家の中での生活が、
「無味乾燥」に感じる可能性も否定できないことです。

私は昔ホテルに1ヶ月滞在して仕事してたことがあります。
ちゃんと週休二日で休めましたが、
当時(15年くらい前)はインターネットをモバイルですると、
料金が恐ろしいことになるので、
ホテルですることが無く休日を持て余しました。
それは理想の生活とはほど遠いですよね。

自分にあったライフスタイルが一番

部屋に物が無いと掃除はラクで、
部屋が広々としていていいですよね。
最も広過ぎる部屋に、ポツンとした状態もイヤですが。

私の場合は、毎朝ストレッチをするので、
部屋が広い方が便利です。
休日には床にヨガマット?を敷いて、
寝っ転がった状態で身体をほぐしたりもします。
なので物が多く足の踏み場が無いのはイヤです。

私は自分にあった生活を模索しているうちに、
ミニマリストっぽく物が少ない状態になりましたが、
それは私自身がその方が心地よいからそうなだけです。
テレビが無い、と言うと職場では未だに浮いてます。

独身の一人暮らしで置いてる事がまずない神棚が、
私の部屋にはあります。
宗教にハマってる訳でもなく、
自分にとって大切だと思うからそうしているだけです。

でもそんな状態は「ホテル」では、ぜっったい無理です。
物が少ない状態の生活が快適かどうかは、
個々の人によって違いますが、
「ホテル」はあくまで一時的な宿泊施設でしかありません。


自分の価値を決めるのは自分

「自分の価値を決めるのは自分」
マンガ「信長」作画:池上遼一 の中で、
信長が言った台詞で、
20年以上、私の心に印象深く残ってる言葉です。

『信長』全8巻セット

『信長』全8巻セット

  • 作者: 原作/工藤かずや・作画/池上遼一
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2009/09/19
  • メディア: コミック
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る


ミニマリスト・マキシマリスト両方それぞれに、
メリット・デメリットがあります。
批判したくなることもあると思います。
でもどう批判しても、その人の人生に影響あります?
まして、批判してあなたの人生変わります?

結局、本人が満足しているか?
そのことが全てです。

日本人は周囲に同調しやすい風潮がありますが、
自分の生活を決めるのは自分。
そんな中で自分の価値を決めるのも自分。
自分の人生の価値は自分で決めて下さい。




この記事を読んでくれたあなたに幸運を!

広告を非表示にする