読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作務衣side

家の中では作務衣で過ごしてる男のブログです。

Mac日本語入力ことえりのソフトウェアキーボードは使いやすい

Mac標準の日本語入力システム「ことえり」は結構使いやすいです。

辞書登録しておけば、iPhoneiCloudで同期してくれるのも便利。

ただ変換がアホだといわれ、確かに時々「そーじゃない!」と

ツッコミたくなることは有りますが、それは大同小異だと思い気にしてません。

 

意外と便利なのが「ソフトウェアキーボード」

メニューバーの文字部分を右クリックして、

ことえり環境設定>キーボード>メニューバーにキーボードビューアを表示 にチェック

キーボードビューアを表示させるとこんなのが浮かび上がりマウス入力できます。

Windowsにもあるはずなのですが、微妙にわかりにくく使ってませんでした(XPの頃)

f:id:samueside:20150316214745j:plain

標準状態だと、シフトキーやcommandキーとの同時入力ができないので、

システム環境設定>アクセシビリティ>複合キーを有効にする にチェック

ただ capslockキーのみ動作が正しく動作しないですね。

 

私はこのソフトウェアキーボードを常時表示状態で、

左上のーボタンでDock上に置いて、

ネット検索での入力とか少ない文字入力時に使ってます。

 

最近知ったのですが、文字入力方法でDvorakという方式が有るそうです。

キーの入力配列が下の様になり、

f:id:samueside:20150316214806j:plain

ホームポジションでの入力が多くなりますが、左手を多く使う様になるのと、

日本語入力に最適化されていないので逆に入力しにくい文字も有ります。

またキー入力は憶え直すのはなかなか大変なので、私は使うことはないですね。

Macではことえり環境設定の入力ソース部分の変更だけで使用はできます。

 

現在私が使用しているMacはUS配列にしています。

キーボード上のプリントが多くても2つなのでスッキリしていて、

とても入力しやすく思考の妨げにもなりません。

強いて上げるなら¥マークがoptionキー+Yキーで入力とわかりにくい。

 

もしMacを触ったことがなくて、「ことえり」に不安があるなら、

それほど心配する必要はないと思います。

参考になれば嬉しいです。

 

 

この記事を読んでくれたあなたに幸運を!