読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作務衣side

家の中では作務衣で過ごしてる男のブログです。

MacのParallelsでWindowsを動かすメリットとデメリット

お気に入りのもの 考察
昨日に続きMacについて
現状販売しているMacは基本Windowsを動作させることができます。
その方法は2通り
1.BootcampでHDDかSSDにパーティションを作ってWindowsをインストールする。
2.ParallelsやVMwareといった仮想化ソフトを利用し、Windowsをインストールする。
 
1はMacとWindowsが別々で動くので、ファイルの受け渡しが面倒だったり、
 一々システムを終了させてから起動したいOSで再起動に時間がかかるというところがあります。
 
2のParallelsについて、(私の使用環境はMac10.8.5 Parallels 8での使用感想です)
デメリット
 CPU負荷が大きい 
  Mac上でWindowsを二重起動しているので負荷が上がる
  動画の編集やエンコードなんて夏場すると熱暴走しかねない
 メモリが必要
  Macは基本メモリ食いなシステムです(Windows7なら2G〜4Gで十分)
  私は現状8GでParallelsでWindowsに3Gふると結構ギリギリです。
 Mac OS Xがアップデートしづらい
  OS Xのアップデートに旧版は未対応ですと毎回いわれます。
  で有償アップデートしてくれというメールが頻繁に送られてきます。
 お金がかかる 
  WindowsのOS代金+Parallelsの購入が必要で、しかも有償アップデートです。
  有償アップデート催促メールが非常に鬱陶しいのでBootcampに切り替えようかな?
  と思うくらいに鬱陶しいです。
 TimeMachineで容量を食う 
  これは設定で外すこともできる様ですが容量には注意が必要です。
 勝手にデータファイルを作る 
  スナップショットやデータ整理しないと数十G余分な容量を使います
  Windowsで動作しているソフトのデータファイルをMacの書類ファイルに勝手に作成
  これはMacとWindowsでファイル共有しているとWindowsのソフトが自動的に
  DocumentフォルダにファイルをつくるところをMac書類フォルダーに作ってしまいます
 US配列キーボードは使いにくい
  JIS配列であれば問題ないのですが、一部キーの位置が正しく認識されません。
  一番頻繁なのは@キーがUS配列ではSHIFT+2キーですが、
  Parallels上でWindows動作中はPキーの右横での入力になります。
 
メリット
 ファイル移行がラク 
  MacとWindowsでファイル共有できるので移行が楽々
 起動が速い  
  再起動の必要がなく、ソフトの一つとして起動させられる。
 バックアップもラク 
  TimeMachineで仮想ファイルもバックアップされるので便利ではある。
 
とデメリットはMac本体のHDD容量やメモリーが必要だったり、
有償アップデートなことで基本お金がかかることですが、
メリット面でのファイル移行や起動が速いのは本当にラクです。
 
ただOS Xのアップデートはしにくく、私も最近ようやく10.9.5にしたところです。
しかしParallelsは有償なので、外付けHDDに10.8.5の環境を移行して10.9.5と平行使用中です。
これだと結局外付けHDDからの再起動が必要になるので、他人にはおすすめできませんが(笑)
近いうちにBootcampするかどうか検討中です。
 
ちなみに10.10.2のYosemiteはアップデートしてみましたが、トラブった。
Googleで検索して日本語ではヒットしなかったが、
nsurlsseiond というICloud関連?のバグ?でネットワーク回線を占領された。
対処方法もよくわからないのでアップデートは控えた。
あとESETというところのセキュリティソフトもバグった。
これはV6がだめらしいと公式に発表しているのでV5で対応は可能らしい。 
参考までに 
 
 
この記事を読んでくれたあなたに幸運を!