読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作務衣side

家の中では作務衣で過ごしてる男のブログです。

圧縮空気で走るクルマが日本に登場するのは何時か?

5月14日のネット記事で見つけました。

netafull.net

これ結構以前からあるのは知ってたんですよね。
ただ動く時に圧縮空気を動力に伝える時に発生する騒音問題、
これが結構大きな問題点だった記憶があります。

既得権益との対峙が問題?

おそらくこういった物の普及に対して一番の問題は、
石油業界でしょうね。
継続的に収益が見込めていたのが、
他に取られるとなると、
「安全性がー」とか言って妨害する。

資本主義社会はメリットが多いけど、
一旦安定収益ができる体制が確立してしまうと、
なかなかそこに参入が難しく、
解体はもっと難しくなるのがデメリットですよね。

携帯会社大手3社は正直競ってるポイントがおかしいし、
電力会社は未だに解決してない原発の方がコスト安いとか言ってるし。
これを変えるのはかなり難しい状態に陥ってますよね。

CO2排出削減どうなってるの?

これ地球温暖化防止に向けての結構大事な問題ですが、
なかなか進んで無い感じですよね。

例えば、「新聞」を廃止する
毎日印刷所から各販売店へのトラック輸送、
各家庭へのバイク配達、
これら全てが無くなったらどれだけのCO2が削減できるのかな?
と考えた事があります。
正直、最近はネット配信する新聞社がほとんどで、
使っている「紙」のムダもかなりの物ですよね。
古新聞の回収・再利用の為のガソリン代とかもかなり必要ですよね。

5月7日にはこんなニュースもありました。

www.itmedia.co.jp

これでニュースを見る様になれば、新聞要らないですよね。
新聞を見るのに老眼鏡が必要だったのが、
iPadなら拡大して自分の見やすいサイズで見る事もできます。

もしくは新聞社で使うトラック等の車は、
全て圧縮空気で走るタイプにする。
企業イメージは間違いなく良い方に一変するでしょうね。

トヨタと差がついてる日産やホンダどうだろう?

おそらく新興企業がこういった物を売ろうとしても、
トヨタが資本力で叩き潰しそう。
トヨタは今の体制を変える必要性を感じてないだろうから、
絶対にこういった物を始めることはないだろうし。
なら日産やホンダが自動車業界トップに立つのに、
ガソリンでなく、圧縮空気で走る車を販売!
とかしたら状況が一変しそうな気もする。
ただ日本人のトップだとそういう決断無理だろうなー。
こういうの欧米から入らないと絶対腰を上げないところがあるし。

日本で圧縮空気で走るクルマが見たい!

正直燃費がどうのといっても、
最初からガソリンを使わなければ CO2の排出が無い。
ならガソリン(化石燃料系)を使わないクルマを。

電気自動車は充電時間の問題と、
根本的な電力問題がある。
電力消費が増えても発電所で対応できないなら、
その電気自動車は役立たずになりかねない。
水素自動車?安全性と実用性がどうなの?

本当は街中を走ってる車に1人しか乗ってないのが大半なのを見ると、
クルマ以外の移動手段・運送手段が必要な感じはするが、
そこまで大きな変革は難しい。
ならクルマ自体を根本的に変える方向で出来ることがあるなら、
そっちになって欲しい。
日本で圧縮空気で走るクルマが見たいのは私だけかな?


この記事を読んでくれたあなたに幸運を!