作務衣side

このブログは2017年5月20日更新停止

いつからアイロンはスチームが必要だと思っていた?

休日に洗濯したシャツとズボンをアイロンしてますが、
10年以上使っているアイロンが調子が悪く、
新しくしました。
f:id:samueside:20150809185137j:plain

ぶっちゃけアイロンなんてコードレスか、
そうじゃないかでの使い勝手の差はあっても、
スチームの方が断然便利でいいじゃん。
そう思っていました。

Panasonic 自動アイロン(ドライアイロン) ブラック NI-A66-K

Panasonic 自動アイロン(ドライアイロン) ブラック NI-A66-K


でもAmazonでこのアイロンのレビューを見て、
ほうそこまで言うなら試してやろう
(何故か上から目線)
と購入して使ってみました。

アイロンの「すべり」はスチームの方が、
滑らかにすべり、使い易いのですが、
ドライの方がアイロンがけをしてて、
ピシッ!とする感じがあるんですよね。

言葉や写真では表現できない
感覚的なものなんですが、
例えるなら、テフロン加工したフライパンと、
鋳鉄製の重いフライパン(スキレット)で調理した差。
そんな感じがドライアイロンとスチームアイロンにも感じました。

単にスチームアイロンの方は10年以上使ってるので、
新しいのにすればそっちの方が、
今回買ったドライアイロンより便利かもしれません。
ドライアイロンはコードリールも無く、
スイッチも内側なので火傷や火事には注意しないと。

写真を撮ってて気付いたのは、
ドライの方が一回り小さいということ。
それとスイッチが内側にあるので、
使っている時に誤操作しないメリットがありますね。
スチームのは作業中にスイッチがよくズレました。

アイロンをかけた仕上がりも、
なんか微妙に違う感じがするんですよね。
もとからスチーム機能はほとんど使ってなかったので、
これからはこのアイロンで十分そうです。
今までお疲れ様。ありがとう。
f:id:samueside:20150809190233j:plain



この記事を読んでくれたあなたに幸運を!

広告を非表示にする