作務衣side

このブログは2017年5月20日更新停止

春は桜もいいですが、足元のタンポポの黄色って明るい気分になります

今週のお題特別編「春を感じるとき」
〈春のブログキャンペーン 第1週〉
日本人にとって春の「桜」は大切なものです。
けど上ばかり向いてないで足元も見てみませんか?
私はこの黄色い「タンポポ」を見ると春らしい明るさを感じます。
f:id:samueside:20150404230844j:plain
タンポポ三条大橋

春、写真でまず撮りたくなるタンポポ

私はデジカメで写真をマメに撮る様になったのは、
2013年の年末にCanon PowerShot S120を手に入れてからですが、
去年の春もカメラを持って外に出て、
真っ先に撮ったのが「タンポポ」でした。

桜との違いは、散り方

タンポポが好きな理由の1つが「散り方」です。
桜は花びらが落ちて散る寂しさがありますが、
タンポポは綿毛になって舞い飛んでゆく希望を感じます。

子供の頃はアブラナ?の黄色い花に「春」を感じました。
が、最近アブラナってあまり見ない気がします。
黄色の花が好きなのかどうかは自分でもよく解ってませんが、
タンポポの綿毛が風に吹かれて飛ぶのを見るのはすごく好きです。

足元の花も見て欲しい

タンポポ以外にも春先に見る小さな花はいくつかありますが、
私、花の種類には詳しくないので解んないです。
でも他にも綺麗な花もあるので、
桜だけでなく、足元の花も見てみませんか?



この記事を読んでくれたあなたに幸運を!

広告を非表示にする