作務衣side

このブログは2017年5月20日更新停止

タイニーハウスや1Rハウスがこれから増える?

最近ニュースで空き家が全国的に増え問題になっているそうです。
原因は1口で語れる様なものではなさそうですが、
私はこれから日本でもタイニーハウスと呼ばれる、
狭小住宅が増えるのでは?と思っています。

家賃や住宅ローンが生活を圧迫する時代

もし500万円で家が購入できれば、
長期的にみれば賃貸より割安になります。
その家に20年住めれば、月わずか2.5万円ですみます。
もちろん固定資産税もかかるので+年間数万円は必要です。
そうなれば生活がかなり楽になりますよね。

海外では色々な形で小さな家に住む人が増えています

最近日本でもそういった狭小住宅が少しずつ増えている様ですが、
海外では日本の感覚で100万円から200万円くらいでも、
家を建てる事ができるらしいです。
セルフビルドのセットもかなり安く購入できるみたいです。
数億を稼ぐスポーツ選手がキャンピングカー住まい、
そんなミニマリストな生活の例もある様です。

またこんな家も有る様です。

gigazine.net

正直めっちゃ住んでみたいです。

日本はまだまだ固定観念が邪魔をしている

日本は気候的台風や地震等にも耐えないといけないので、
建築費は高くなるのは多少仕方ないとしても、
500万で建てる家は少ないようですね。
しかも工務店も嫌がるとか、なかなか難しいですね。
極端ですがこんな家ありませんかね?
1Rアパートと同じ内容の一戸建て!
上で紹介したログハウスみたいなのに住んでみたい人いません?

ミニマリストに強制的になる時代?

家が小さければ所有物は必然的に減らす必要があります。
住宅ローンが払えず家を手放す場合も増えているらしいです。
しかし1Rの一戸建てが200万円くらいで手に入れば?
空き家がそれに変われば、生活が楽になる人が増えるのでは?
生活が楽になれば、人は色々とお金をつかい、経済が活性化します。
そのスタートがこういったことから始まれば?と思います。

かなり極端な考え方かもしれませんが、10年後は?

正直かなり極端な考え方をしてるとは自分でも思います。
しかしここ20年の世の中の移り変わり
考え方やライフスタイルの変化からすると、
想像もつかない様なことがおきるかもしれません。
日本でもタイニーハウスの流れが少しずつできてきてる様ですが、
まだまだ値段が高く、インパクトにかけている気がします。

人は住むところが確保できていれば、
あとは食費が稼げれば、死にません。
「日本技術力とんでもねーな」と海外から驚かれる様な、
住宅の新しいかたちが始まってほしいですね。


この記事を読んでくれたあなたに幸運を!

広告を非表示にする