作務衣side

このブログは2017年5月20日更新停止

iPhoneの写真を綺麗にみせる簡単なコツとアプリ

普段デジカメを持ち歩くのが面倒でも、
いざ写真を撮りたい時にiPhoneだと納得いかない場合がありますよね。
さすがに高級デジカメ程とはいきませんが、
iPhoneの写真を綺麗にみせる簡単な「コツ」があります。

iPhoneでもできる
「明るさ(露出)」調整

f:id:samueside:20160814100039j:plain
どっちが美味しそうですか?
右の方が野菜が綺麗で美味しそうに見えません?
同じiPhoneで撮影した写真で違いは、
「明るさ(露出)」調整したかだけです。

オススメアプリ
「ProCamera + HDR」

iPhoneの純正写真アプリでも
「明るさ(露出)」調整はできますが、
操作性が悪く使いにくい。
そこでオススメしたいのがこのアプリ

ProCamera + HDR

ProCamera + HDR

  • Cocologics
  • 写真/ビデオ
  • ¥600

プロカメラマンの方も使っているアプリ
と知り使ってみました。
使い方が非常に簡単!
f:id:samueside:20160814101940j:plain
露出補正をメニューから表示させる様にしたら、
撮影しながらスライドして綺麗に見える様に合わせるだけ!
明るくし過ぎると、写真が白っぽくなってしまいますが、
画面で見ながら合わせられるのでカンタン
トマト右の方が水々しくて美味しそうでしょ

風景写真に便利な機能「水準器」

www.techjo.jp
純正アプリでも上の記事の様に綺麗な写真は撮れますが、
明るさ調整や水平を合わせるのが、面倒で分かりにくいのも事実
上で紹介したアプリは明るさ調整がし易いのと、水平も合わせやすいんです。

水平を合わせるのに欲しい「水準器」
私が今使っているデジカメは水準器が表示されないので、
風景写真を撮った時に「あ、ちょっと傾いてるな」
ということがよくあります。
撮影してる時に気づければ良いのですが、帰ってからだとショックです。
f:id:samueside:20160814102942j:plain
 ↑ 真ん中に十字の線がありますが、
 これが緑色なら「水平(横線)・垂直(縦線)」がとれています
上の写真は上からトマトを撮影してるので水平はとれてませんね
この水準器のおかげで、iPhoneで撮影した風景写真の失敗が減りました。
一緒に「明るさ(露出)」調整すると、
建物の影とかも肉眼で見た感じっぽく調整できて綺麗に写ります。


デジカメ忘れたけど旅の思い出写真綺麗に撮りたい
食べ物の写真はiPhoneだと美味しそうに見えない
と思っている人にオススメです。
明るさを変え、水平とれてるだけで、
写真てこんなに変わるの?!
とビックリしますよ。


この記事を読んでくれたあなたに幸運を!

広告を非表示にする