作務衣side

このブログは2017年5月20日更新停止

自分のための人生

「本当にやりたいと思うことをしないでいてよいのだろうか」
「自分の人生を他人の望むとおりに送ってよいものだろうか」
「ものは貯めるに足るほど必要だろうか」
「やりたいことを先へ延ばすのは賢明な生き方といえるだろうか」

その答えは数語にまとめることができよう。
生きよ……おのれ自身たれ……楽しめ……愛せ。

自分のための人生を生きていますか?

この記事を書こうと思ったのは、
最近読んだブログでいくつか人生や生き方についての記事があり、
私の人生を変えた1冊を紹介させてもらうことで、
この記事を読んだ人の参考になればと思いました。

自分のための人生 (知的生きかた文庫)

自分のための人生 (知的生きかた文庫)

  • 作者: ウエイン・W・ダイアー,渡部昇一
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2011/07/21
  • メディア: 文庫
  • 購入: 2人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る

自分のための人生  ウェイン・W・ダイアー 著
原題 Your Erroneous Zones
渡部昇一 訳・解説

原著は「タイム」「ニューヨーク・タイムズ」のベストセラーで、
かなり長期間にわたり1位にあり多くの人に読まれた名著です。
日本語訳版も上で紹介した文庫サイズの他にもB6サイズ等多くの版を出しています。
私も初めて購入したときはB6サイズ?だったと思います。

私はこの本を読むまで、自己啓発と言われる本は読んだ事がありませんでした。
20代の頃に人生に悩み本屋で偶然タイトルに惹かれて買った本です。
眼から鱗どころか、
生き方・考え方が根本から覆される内容でした。

本で述べられてる主題の1つ

・人生のあらゆる問題はすべて自分で選択、解決することができるということである。
 ここには普通に選択できないものと考えられているような自分の感情や幸福を選び取ることも含まれる。

「自分の感情はコントロールできない」と思っていませんでした?
ここで1つ三段論法をあげてみます。

大前提:私は自分の思考をコントロールすることができる。
 頭に浮かぶ事があっても自分で選びますよね、親や子供がコントロールすることはできないです。
小前提:私の感情は私の思考から生まれる。
 楽しいや悲しいと思う前に何かの理由となる考えがありますよね。
結 論:私は自分の感情をコントロールすることができる。
 大前提・小前提ともに正しくおかしくはないですよね、なら結論も正しいですよね。

こう考えてみると、イライラしている時に、
「なんであのバカのことを考えてイライラせなならんの?
 考えるだけ時間の無駄じゃん、
 仕事のこと考えてる方がマシ、
 あ、家に帰ったら何食べよ?」
と思考を切り替えることもできる様になります。
イライラは間違いなく低くなり、気分が変わります。

本で述べられている主題のもう1つ

・今日1日を徹底的に大切に生きるということ。
 それはいい意味での刹那主義と言ってもいいということ。

将来の備えが大事では無い、とは言っていません。
ただ先のことばかり考えて、
「今この瞬間」を楽しんでいないのは非常にもったいないのです。

学生の時は社会人になっていい会社に入る為勉強する、
社会人になってからは老後の為に節約して遊ばずお金を貯める。
いざ老後になったら子供の相続の事を考えて行動する。
人生を楽しむ時は何時ですか?

私は人生でやりたいことがいくつもありますが、
そのうちの1つにスカイダイビングをしたいというのがありました。
ずっと思ってましたが、2年前に思い立ち行動してみたら、
意外とお安い、なんと約3万円!(タンデムジャンプ)
お盆休みに予約がとれた!GO!
関東の親戚の家に泊めてもらい1人で行ってきました。
普通38才のおっさん1人でそんな行動はなかなかしないと思います。
でも私は人生でやりたい事の1つを今行動できるならやろう!
と行動しました。
とても楽しく貴重な体験でした。

もちろんできていないこともありますが、
それはそれで先の楽しみでもあります。
今は今で楽しんでいます。
身近なとこでは外食する時は食べたい物を食べる。
それで普段の食事がご飯と漬け物だけでも満足できます。
美味しかったからまた食べに行ける様がんばろうと思えるからです。

この本を読んで人生が変わった

この本から学んで行動したことを書いて行けば、
きりがないくらいあります。
多分自分が持っている本のなかで一番読み返している回数が多い本です。
故に先日上げた自分の教科書10選にはあえて選んでいません。
goodsamue.hatenablog.jp
もうこの本の行動は自分のものになっているからです。
もちろん完全にできている訳ではないので、
また読み返します。
おそらくまた気付く事があり自分の行動の糧になると思います。

そして今度はこの記事を読んでくれた人が、
この本を読んで人生を楽しむ一助になれば、と思います。
上にあげた2つの主題以外にも、
家族に呪縛された関係を改善する方法や、
「思い込み」の中の自分像を変える方法
状況打破の柔軟思考といった多くの考え方が、
解説され実践しやすくなっています。

人生に悩んだ時だけでなく、
毎日をちょっと楽しく、明るくしたい時にも読んで欲しい1冊です。
読んだあと、人生は良い方向へ変わります。

自分のための人生 (知的生きかた文庫)

自分のための人生 (知的生きかた文庫)

  • 作者: ウエイン・W・ダイアー,渡部昇一
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2011/07/21
  • メディア: 文庫
  • 購入: 2人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る




この記事を読んでくれたあなたに幸運を!

広告を非表示にする